SkyWatch

格安飛行機で旅費をうかせよう

旅費で大きな部分を占めるのが移動にかかる費用です。とても手が出ないような正規料金と違い、出費をぐっと抑えることができるのが格安飛行機。幾つかの注意点をしっかり押さえて、楽しい旅行にしたいものです。

安ければ安いほど魅力を感じる格安飛行機ですが、どうやって見つけられるでしょうか。まずは飛行ルートを敢えて指定せず、日にちや時間も出来るだけ限定しないことです。直行より経由便、さらには思わぬルートが料金を抑えるカギとなることもあります。メジャーより聞き慣れない航空会社の方が低価な場合が多く、機内を含む搭乗サービスを徹底して簡素化したローコストキャリアと呼ばれるバジェット系は代表的な格安飛行機と言えるでしょう。大手エアラインのみを扱う代理店やオンラインサービスには掲載されないことが多く、直接航空会社に問い合わせるのが良いでしょう。

利用にあたって、離着陸時の空港が必ずしも主要都市内のメジャー空港とは限らないということや、発着時刻が早朝や深夜と足掛かりが不便な可能性もあるなど旅行日程と照らし合わせて無理のない範囲に留めるのが賢明といえます。また、日程や時間の変更が不可であったり一方的なキャンセルや延滞の場合のリスクもそれなりにあることを認識しましょう。 スケジュールが決まったら、こちらのサイトで激安航空券を検索すると便利です。各航空会社のチケットを比較・購入できるので、安くて快適な世界旅行が楽しめるはずです。

格安飛行機が人気の理由

格安飛行機が人気なのは時間に余裕があるけれど予算が少ないといった客層が利用しやすいからです。特に夏休みが長い学生にとってはスケジュールがタイトではないので、旅費は安ければ安いほど好ましいといった状況にあるからです。
格安飛行機は飛行距離が長いほど旅費が安くなる傾向にあります。もともと数十時間かかるような場所になると国際的に大きなハブ空港をいくつも経由して、まる2日くらいかけて到着する場合もあります。
ハブ空港で1日単位で時間が空くこともあり、フライト慣れしている人であれば数時間を利用して空港から国内へ入り、ショッピングやグルメを楽しむといったダブルの効果を楽しむことができます。
体力の消耗が激しいため、無理ができませんし、荷物が軽くなければ移動が面倒になります。そのため旅慣れた人でないと格安飛行機を利用して十分に元を取るといったことができません。体力に自信がない場合には近距離の安いチケットを購入することをおすすめしますし、現地で即私語をしなければならない場合にもビジネスクラスを利用して機内も快適に過ごし、体力を温存しておくことが望ましいと言えます。
学生のうちに世界中を旅してみたい、安く世界1周をしたいといった場合には格安チケットを存分に利用するためのスケジュールを綿密に立てることが大切です。

メニューリスト


お役立ちサイト

Tabi2

旅行ポータルサイト

CasTour

海外航空券の予約サイト